通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫4

通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫4

通夜や告別式の時に喪服の場合は、冬場の場合は、どうしても喪服だけでは寒くて行くのが辛くなります。

そんな場合は、コートを着ていきますが、式場についたら、入る前にコートは脱いで手に持って入るのが常識です。

式場によっては、コートを預かってくれるところもありますが、コートを預かってもらえない場合は、ハンガーが用意されているようであれば、ハンガーにコートをかけてから席に着くようにしてください。

預かることもできず、ハンガーもない場合は自分で手に持って席に着くようにしてください。

コートに関しては黒というわけではなく、紺やグレーなど地味な色のコートを着ていくようにしてください。

毛皮や皮系のものは殺生するというメージが強くなりますので、きるのは避けましょう。

日本国内でも、寒い地域では、礼服を着用する必要はないところあります。

あくまでも参列者には無理のないようにしなければいけません。

礼服は、冬用と夏用の2種類を持っている方がいいのですが、2着も礼服を持つことが厳しい場合は、オールシーズンの喪服を持っておくようにしてください。

冬場でコートを着ていく場合は、故人の遺影に向かって焼香をする時などは、コートは椅子においてから焼香をするようにしてください。