通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫5

通夜の時の服装と遺影写真はなくても大丈夫5

通夜や告別式に限らず、法要に行く場合には、どうしても喪服が一番無難です。

かならず一着は持っていてもおかしくないとおもいます。

よく結婚をした時などに、喪服を女性の親からいただくことがあります。

喪服はなくてはならないものです。

喪服は、普通に百貨店などで売られています。

スーツ専門店にも売られています。

価格は3万円台から1数万円ぐらいまで色々とあります。

どれを買うかは、価格で買うというより、予算があると思いますので、予算に合わせた喪服を選んでください。

大体、社会人になった時に喪服を一着準備しておくことがいいとおもいます。

1回買うと10年近く持ちますので、体型が安定してから喪服は購入したほうがいいとおもいます。

通夜に行けるスーツとしては、喪服以外では、ブラック・紺・ダークグレーなどであれば問題ありません。

少しのストライブが入っていても問題ありません。

喪服をきる機会はそうはありませんので、買うまでもなく、レンタルということもできます。

1万円前後でレンタルできますので、レンタルをして出席することも可能です。

通夜や告別式や法要の時には、遺影写真に恥ずかしくないような格好をして参列するのが大事です。

故人を敬うことが一番大切です。