通夜はいつから行われて遺影写真は必要

通夜はいつから行われて遺影写真は必要

親族がなくなって、葬儀の準備に入りますが、なくなった当日に通夜が行われたり、翌日に行われたりと日にちが変わってきます。

通夜を行うのには、いろいろな都合で日にちが変わってきます。

まず一番気にするのは、友引の日には絶対に艶はしないということになります。

友引は時の通り友を引くとなり、だれか別の人を道ずれにすると思われています。

そんな日には葬儀者の方でしないようにg低山されます。

ただ、故人の遺族が友引でも構わないと言われる場合は、通夜をするときもあります。

友引の場合は、棺桶には人形を入れて通夜や葬儀をして、生きた人があの世に連れて行かれないようにします。

火葬場は、友引の日は休みとなっていまして、その翌日は火葬場自体が混雑する可能性がありますので、友引の翌日を通夜にして、そのる着の日を葬儀とするときが多いです。

田舎の方では、仮通夜・通夜・告別式と3日間葬儀を行うところがおおくあります。

通常葬儀場の場合は、1日が通夜で1日が告別式を行って2日間で終わるのが一般的です。

3日間あるのは、田舎でも、自宅で行うようなときに限られます。

通夜の日程を決める条件としては、友引でないことと、火葬場の秋があるかどうかで日程は基本的に決めていきます。

当然通夜に合わせて遺影を作りますので、できるだけ早く写真を選ばないといけません。