遺影を含めて法事や法要の準備はどうすればいいのか1

遺影を含めて法事や法要の準備はどうすればいいのか1

法事や法要を行うときの前準備ですが、最初に僧侶に日時については相談してください。

そこで僧侶の予定などもありますので、日時のすり合わせが必要になります。

法要を行う場所ですが、葬儀場・自宅・菩提寺から選んでどこで行うかを決めてください。

法要をおこなったあとに、会食をしますので、会食をする場所を手配する必要があります。

一般的には、葬儀場で行えば、そのまま葬儀場で会食をして、自宅の場合は自宅で会席料理を出す場合もあります。

中には簡易的に、寿司や盛り合わせをとって会食をするとときもあります。

法事や法要に呼ぶ人の人数を把握するために1月前ぐらいに、案内状を出します。

法要にきた人に手土産を持たせて帰ってもらう必要があります。

遺影写真を忘れずに飾るようにしてください。

手土産で用意するのは、2千円から4千円程度のものを用意してください。

1世帯で1つの手土産になります。

持ち運びがしやすいものを間違えないように選んでください。

法事の席に相応しくないものは避けるようにしてください。

魚介類の缶詰などは避けるようにしてください。

最近では、カタログギフトをお持ち帰りいただきケースが多々あります。

カタログであれば、好きなものを選んで取り寄せることができますので、好まれています。