遺影を見ながら通夜の挨拶

遺影を見ながら通夜の挨拶

通夜の時には、基本的に遺族や知り合いの友人や知人が多く、ほとんどの人がよく知っている人たちだということです。

通夜の時、喪主となった場合は、どうしても挨拶が苦手な人の場合は、緊張をしてしまいどうしたらいいのかわからなくなります。

挨拶をするときに何に対して挨拶をするのかというと、まずは、故人に対して挨拶をする場合と、参列者に対して感謝の意を表すために伝えるための挨拶の2つの意味合いを持っています。

喪主は、この2つを上手に伝えなければいけません。

通夜の時の挨拶文では気をつけなければいけないことがいくつかあります。

挨拶の時に一番気をつけなければいけないのが、忌み言葉は使わないようにしなければいけません。

重ね言葉は非常によくないので、絶対に使わないようにしてください。

間違った挨拶をしないように、メモを使って読むようにしてもいいとおもいます。

最近では、自分で考えるのではなく、葬儀社の方から決まった文章を教えてもらって、その文章を読み上げるということも多くなって来ています。

間違って変な文章を言うよりは、全然いいと思います。

挨拶をするときは、遺影を見るのではなく参列者の方を見ながら話すようにしてください。