香典の知っておかなければいけないマナーと遺影写真1

香典の知っておかなければいけないマナーと遺影写真1

故人の通夜や告別式に参列売る時に持っていく香典について意外と知らない人が多いのがその金額と金額に合わせた不祝儀袋の違いです。

相場というのがわからないという人はぜひ、読んでから理解してください。

仏式の香典の場合で、友人の家族や隣人の場合は、3000円~5000円というのが相場となっています。

金額に合わせて不祝儀袋は決めなければいけませんので、5000円程度の場合は、水引印刷がされた不祝儀袋に入れてお渡しするのが一般的です。

このくらいの金額ですと、袋だけが立派なものですと相手に対して失礼になりますので、水引が印刷されている程度のものをお願いいたします。

金額が10000円を超えるような場合は、きちんとした水引が使われている不祝儀袋を使用するようにしてください。

身近な親族の香典の場合は、包む金額が変わってきます。

夫婦のどちらかの両親がなくなった場合は、5万円~10万円というのが一般的で、兄弟姉妹がなくなった場合は、3万円~5万円というのが相場となっています。

親戚関係や、お世話になった恩師の場合は、10000円というのが相場となっています。

香典を持って葬儀に参列して、故人の遺影写真を見て焼香をするのが最終目的なので、香典はあくまでも遺族に対しての感謝の気持ちを伝えるためと考えてください。