49日法要とその時の遺影写真は

49日法要とその時の遺影写真は

葬儀の後の法要としては、区切り目となるのが49日法要です。

49日法要までを追善法要といいます。

その後は1年毎の法要のことを年忌法要といいます。

これも仏教独特の法要となります。

その中でも、なくなってから49日間を中陰と呼びます。

その間7日毎に閻魔大王による裁きが行われますので、その都度極楽浄土出来るかどうかが変わっていきます。

最終的にその裁きが決まるのが49日と言われています。

49日目を別名満中陰と言われています。

こときをもって忌明けと言っています。

ここまでの49日目までの7日毎の裁きをうまく切り抜けていただけるように、7日
毎の法要を遺族や知人たちと行うことになります。

この追善法要を行うときに、毎回僧侶を読経を上げてもらうわけには行きませんので、

基本的に、僧侶を呼んで読経を上げてもらうのは、初七日・49日・百ケ日・1周期・3回忌と主な日のみに僧侶を呼んで読経をしてもらうのが一般的になっています。

得49日は忌明けとなる大事な法要なので、法要の中でも一番盛大に行う法要でもあります。

葬儀に次ぐ大事な法要というのが49日ではないでしょうか。

それだけ、大事にされている重要な法要であることは間違いありません。

法要の時には、遺影写真も一緒に飾って焼香を行います。