49日法要と納骨とその時の遺影写真の扱い

49日法要と納骨とその時の遺影写真の扱い

49日の法要といえば、葬儀の次に大事な法要で、法要の時にはいろいろなこと行います。

通常の法要と違って非常に重要な法要となります。

納骨をするのを、49日に行われる場合があります。

新規に仏壇を購入するような場合は、開眼供養を行うことになります。

法要の日が平日になるような場合は、直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的です。

法事の後にはお斎をする場合がありますが、49日の時にはお斎を省略する場合もあります。

49日の時の服装としては喪服が一般的です。

喪服は基本的に遺族が着用し、3回忌まではっ喪服を着るのが一般的となっています。

参列者のひとたちに持ち帰ってもらうための引き出物を用意する必要があります。

参列者もご仏前や御香典として持って行くのが一般的となっています。

葬儀の7日毎の法要を行うときには、読経を行ってもらいますが、初七日と49日だけは特別で、遺族だけではなく、知人や友人も参列して僧侶による読経を行ってもらいます。

その重要な法要ですので、遺影も気chンと飾るのは必要不可欠なものです。

そこで、ほかにも7日毎の法要はありますが、その場合は遺族だけでの法要となり、僧侶による読経も省略することができます。

納骨は、いつまでにしなければいけないということはありませんが、49日の時に行うことが一般的になっています。