本位牌の大きさや種類と遺影写真の扱い

本位牌の大きさや種類と遺影写真の扱い

遺影写真は葬儀終了後、49日までは仮位牌と一緒に棚に飾っておきます。

本位牌ができるとともに、遺影写真は仏壇の上に飾るようにします。

本位牌には大きさや種類があります。

どれを作るかは遺族で決めることになります。

葬儀社の予算の中に本位牌まで入っている場合と、そうでない場合があります。

本位牌は故人そのものとなりますので、故人らしい本位牌を作るようにしてください。

本位牌には漆を塗り、金箔や金粉などで飾った塗位牌と、黒檀や紫檀などで作られた唐木位牌などがあります。

形にも、春日型・猫丸型など色々な形がつくれます。

位牌には宗教ごとの縛りは全くないので、じゆうに形などを選んで作ることができます。

既に別の故人がいて、位牌がある場合は、同じような形の位牌にして仏壇に置いておくほうがいいと思います。

位牌の大きさも、仏壇の大きさに合わせて、入るようなサイズで作ったほうがいいと思います。

そもそも位牌の寸法は戒名を各札板の大きさで変わってきますので、仏壇に合わせた大きさで作って戒名を入れるようにしたら決めやすいです。

通常は4.5寸から5寸の位牌を選ぶのが一般的と言われています。

既にご先祖の位牌がある場合は、その位牌と同サイズか、小さな位牌を選ぶのが一般的になっています。