位牌への戒名の入れ方とその後の遺影写真はどうするのか

位牌への戒名の入れ方とその後の遺影写真はどうするのか

位牌には、戒名を書くのですが、その書き方が決まっています。

位牌の表面には、戒名となくなった年月日を入れます。

裏綿には、属名と行年を入れます。

属名というのは、生前の時の名前で、行年とは亡くなった時の年齢となります。

戒名には昔の感じを使います。

僧侶が書いてくれた白木の位牌の文字を仏壇店などで正確に書いてもらう必要があります。

厳戒名の名入れにはいくつか手法があります。

機械彫り文字と、手書き文字というのがあります。

機械文字の場合は、比較的に短時間で掘ることができます。

手書き文字の場合は、書いたあといったん乾かす時間がいりますので注文してから2週間ほどかかります。

戒名を彫る場合は、以外に時間がかかりますので、時間に余裕を持たせて入りするようにしてください。

葬儀をすると金、戒名をつけていないで行うと気があります。

戒名は後日、決まってから位牌に彫るようにします。

戒名を付けない場合もありますので、その場合は、「○○○之霊位」というように生前の名前を書きます。

本位牌を安置すると気にも場所を考えてからおく必要があります。

仏壇の中心は本尊なので、本尊が隠れないように、左右に置くか、一段下に置くようにしてください。