49日以降の法要と遺影写真について

49日以降の法要と遺影写真について

初七日から順に7日ごとに行う法要をすることが一番大事なお裁きにより、49日が来世の行き先が決まる需要な日です。

故人の極楽浄土を家族や親族たちで法要を行います。

その時には、故人と仲のよかった友人も招いて行います。

49日の法要をもって忌明けとない忌明け会食を行います。

忌日当日に行うのが一番いいのですが、参列者の都合もありますので週末に行うのが最近では普通になっています。

その場合注意が必要で、法要は遅れてはいけません。

忌日の前に行うのが普通です。

49日の法要の時には、遺影写真を飾り故人と一緒に行います。

49日は喪に服していた家族が日常生活に戻る日でもあります。

49日の三月こしというものがあります。

始終苦労が身に付くという語呂合わせで49日は3ヶ月に渡ってはいけないと言われています。

早めに切り上げて35日法要を行う方もたくさんいます。

他には、百カ日という法要もあります。

亡くなった日から100日目の法要です。

この日は、泣くことを辞めて悲しみに区切りをつける日となっています。
ご遺族や親族だけの身内で行うところも多いです。

このように、通常は49日でいったん喪が明けると言いますが、1周忌までにはこのような法要もありますので、するかしないかは遺族がどうしたいかだけで、別に必ず行う必要もありません。