年忌法要の種類と遺影写真は

年忌法要の種類と遺影写真は

年に法要として、最初にあるのが一周忌です。

法要の時には、遺影を見て行うことになります。

一周忌は、故人のなくなった日を命日として考えて翌年の命日のときを一周忌として法要を行います。

一周忌一行、なくなった月日のことを祥月命日といいます。

祥月命日に行う法要のうち、決められた年に行う法要のことを、年忌法要といいます。

故人がなくなった次の年の法要のことを一周忌といい、その翌年の法要のこことを3回忌というようになっています。

3回忌から数えていき、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌となっています。

33回忌と37回忌を行わずに35回忌を行って23回忌と27回忌の代わりにする人もいます。

これ以外でも、50回忌や100回忌を行うところもあります。

一般的には33回忌や50回忌を最後に法要は終わりとなります。

最近では、時代の流れからか、33回忌まで行わないで、もっと早い段階で法要を終了するところもあります。

年忌法要は身内だけで内々に法要が行われます。

年忌法要は一周忌と三回忌を重要視してたくさんの人を招いたりする場合もあります。

一周忌までが喪中となり、喪中の時の正月は年賀状・年始挨拶・正月飾り・初詣などの正月行事は行ってはいけません。

1年のうちに2つ以上の年忌法要が重なった時には、回忌の早い人に一緒に合わせて法要を行います。