【ペットの葬儀】大切な家族だから遺影写真もかわいく修正3

【ペットの葬儀】大切な家族だから遺影写真もかわいく修正3

ペットは寿命が短いので、遺影写真は元気なうちに用意するのが得策です。
そして、せっかく事前に用意するなら、最高にかわいい写真にしたいですよね。

最高の遺影写真にするためには、写真選びがポイントになります。
遺影写真のモトにするなら、ピンボケでない、正面を向いている、顔が切れていない、ペットが大きく写っているといったところが基本の条件です。
アルバムやデジカメの中に大量にあるペットの写真の中から、ベストショットを選んでください。

いくらたくさん写真があっても、いざ選ぼうとすると、条件に合うものは案外見つからないかもしれませんね。
その場合は、改めて写真を撮り直しても良いでしょう。
額に入れることを前提に撮影すると、いい写真が撮れますよ。

ちょっと赤目になったり、背景が気に入らなかったりしても、修正してもらえるから大丈夫です。

いつも着ている服やお気に入りのおもちゃやおやつなど、小物も思い出をたどるのに重要なアイテムになります。
もし、棺の中に入れたいと思っているものがあれば、それも一緒に写真におさめておくとよいでしょう。

最近は、ペットのためにお盆やお彼岸の供養までする葬儀社もありますが、遺影写真はペット専用の小さいものが多く使われています。
遺影写真も人に準じて、しっかり修正して大きなサイズで、作るのが主流になっていくかもしれません。
きれいに修正された遺影写真は、死んだ後も飼い主さんの心をいやしてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA