【初めての告別式】よくある間違いを修正~遺影写真も大切8

【初めての告別式】よくある間違いを修正~遺影写真も大切8

遺族以外の立場で告別式に参列する際、一番緊張するのはお焼香のシーンではないでしょうか。
よく「前の人と同じようにすればいい」と言われますが、予備知識がないとあちこちにお辞儀をしまくって、お香をつまんでいるように見えてしまいます。
大きな失敗をしないよう、正しいやり方をおさえておきたいですね。

お焼香の手順は大まかに次の通りです。
1 数珠を左手に持っておく
2 周囲の会葬者に軽くお辞儀をして立つ
3 喪主に礼
4 遺影写真に礼
5 焼香(1回~3回)
6 遺影写真に礼
7 喪主に礼
8 元の席に戻る
宗教や会場によって作法が異なり、細かな修正は必要ですが、だいたいこの手順で大丈夫です。

ここでよくある間違いは、礼をするときの立ち位置です。
喪主への礼・遺影写真への礼・お焼香を1か所でしてしまう方もいますが、これは修正するべきでしょう。
お焼香は焼香台の前、遺影写真への礼は焼香の位置より1歩下がった所、喪主への礼は喪主や遺族の前あたりで行います。

もう一点気をつけるべきなのは、体の向きです。
礼をするときに上半身だけをひねって向きを変える方がいますが、これは失礼なので修正した方が良いでしょう。
お焼香や遺影写真への礼の際は、まっすぐ祭壇の方を向き、喪主へ礼をする際は体ごと足から喪主の方へ向きます。

なお、体育の授業のようにきびきびとした動作で体の向きを変えたり礼をしたりするのもマナー違反です。
誰に対しての礼なのかを考えて、一つ一つの礼に心を込めて丁寧にお焼香をして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA