【初めての通夜参列】よくある間違いを修正~遺影写真にも注目②

【初めての通夜参列】よくある間違いを修正~遺影写真にも注目②

初めて通夜に呼ばれる、その日は突然やって来ます。
思いがけないタイミングで連絡が来て、「明日の夜お通夜」などと言われ、あわてることになります。

急な連絡なので、都合が悪いことも多く、次の様に考える人もいるかもしれません。
友人の親族のお通夜の連絡を受けたのですが、あいにくその日は予定があります。
仮通夜があるようなので、そこに参列したいと思います。

この方の修正点はどこでしょうか?
何とか通夜に出席して遺影写真と対面したいと考えるのは間違っていませんが、仮通夜に参列したいという考えは修正しなくてはいけません。

仮通夜は、通夜の前に、身内だけで静かにとり行うものです。
そこへ親族の友人などという人が行くのは場違いで、もし行ってしまうと大変気まずい思いをすることになります。
親族の中に、ポツンと他人が混ざるのですから、かえって迷惑になります。

仮通夜なので、僧侶を招いたり通夜ぶるまいがあったりもしません。
通夜の準備は整っていないので、遺影写真もまだ修正が間に合わず、飾られていない可能性もあります。

この方の場合は、何とか都合をつけて通夜に行くか、告別式に参列するか、どちらかにするべきでしょう。
遺影写真に恥ずかしくないように、マナーを守って通夜に出席したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA