【喪主がするべきこと】通夜までの段取りや遺影写真の修復等9

【喪主がするべきこと】通夜までの段取りや遺影写真の修復等9

お通夜の閉式後、喪主がするべきことをお話しします。
お通夜が終わると、多くの場合別室で「通夜振る舞い」を行います。
喪主は、通夜振る舞い開式のあいさつに始まり、お開きのあいさつまで1~2時間ほど、ほとんどの時間をあいさつに費やします。

まずは開式のあいさつ。
手短に弔問のお礼を述べます。
その後は、個々の会葬者にあいさつに回り、故人の話をしながら、食事やお酒をすすめます。
僧侶や来賓がいる場合は、とくに丁寧に感謝の気持ちを伝えましょう。

弔問客は、五月雨式に通夜振る舞いの会場にやってくるので、その都度席に案内し、食事をすすめます。
親族以外は次々と途中で退席するので、そちらにも対応しなくてはいけません。
また、受け付け担当や世話役にも、折を見て声をかけると良いでしょう。

喪主は「故人に成り代わって食事会の幹事をしている」というつもりでいれば大丈夫です。
弔問客を迎え入れ見送っている間に、終了時刻がやって来ます。
簡単にお開きのあいさつをして、通夜振る舞いは終わります。

この後喪主は、故人のそばで、葬儀や告別式に向けて準備を始めます。
告別式でも一番注目されるのは、祭壇中央に飾られる遺影写真です。
遺影写真の修復は、インターネットから簡単に注文でき、葬儀社による修復より安く美しく仕上がります。
今後の法事に備えて、遺影写真の修復を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA