【遺影写真の修復】修復したくなるタイミング

【遺影写真の修復】修復したくなるタイミング

遺影写真は、さまざまな機会に目にするものなので、完成品を手にした後に修復したくなる事があります。
お通夜から告別式の頃は、遺影写真が最も多くの人の目に触れますが、そのクオリティにまでは気が回らない事がほとんどかもしれません。
とにかくお通夜に間に合う事が最優先なので、そこにあるというだけで安心できるものです。

その後、自宅に持ち帰り後飾りの祭壇の上に置いた時に、鋭い方は「この遺影写真はちょっと納得できない」と感じ始めるかもしれません。
日光や家庭の照明の下で、斎場よりくっきり見えて、小さなアラに気づいてしまうというケースです。

四十九日や新盆などで、遺影写真を手にするときも、そのできばえが気になる瞬間が訪れます。
集まった親族の中には「おばさんはもっときれいだった」とか「おじいさんの写真は恐い」などと言う方がいるかもしれません。
その様な時は、適切な修正をすれば、問題ない遺影写真に修復できます。

また、仏壇や部屋に長年置いていると、ある日突然、古ぼけてしまったと感じる事があります。
経年変化による自然な色あせは気づきにくいものですが、新しい写真を並べて比べると、歴然とした違いがあります。
色あせた写真も修復すれば、新しい写真と見劣りしない美しい遺影写真に仕上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA