おしゃれに修正した遺影写真は額縁もおしゃれに選びたい

おしゃれに修正した遺影写真は額縁もおしゃれに選びたい

「自分らしく」を表現する為の
生前遺影写真
「故人らしく」を求める為の
写真の選定や遺影写真への修正は、
額縁まで含めて、ひとつの表現が
完成するように思います。

昔の遺影写真は白黒だった為、
額縁も黒が当たり前でした。
しかし、そこには
黒でなければいけない
という決まりはありません。

カラーの遺影写真が主流の今では、
その写真を飾る額縁も、
薄紫や淡いピンクなど
パール調の色味の物も増えてきました。

せっかく自分らしくおしゃれをして
撮影や修正をした生前遺影写真なら、
額縁までこだわりたいですよね。

あまり主流ではないかもしれませんが、
木目調や、ガラス、革の額縁もあります。
そう言った額縁を選ぶ人の中には、
遺影写真と言うよりは、
写真をブロマイドと捉えている人も
いるのかもしれません。

また、仏間の無い家も増え、
遺影写真をリビングなど
生活に密接した場所に飾るケースも増えた為、
額縁も、そんな日常に溶け込むような
おしゃれなアイテムを選ぶ遺族の方が
増えてきているのかもしれません。
お花のアレンジが施された遺影写真などは、
優しい雰囲気でインテリアにもなじむため、
遺影写真をより身近な場所に飾れるかもしれません。

葬儀の際には一般的な額縁でも、
その後ご自宅に飾る時の額縁は、
遺影写真の修正と同じくらい
拘って選んで頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA