ペットの遺影写真の修正、デザインは人間よりも多種多様

ペットの遺影写真の修正、デザインは人間よりも多種多様

家族の様に大事にしてきた、かわいいペットが亡くなって、
深い悲しみに暮れるあまり、会社を休んでしまう人もいる今の世の中、
ペットは「家族の様」なのではなく、「家族」なんですよね。
だからこそ、今ではペットが亡くなると、
人間と同じように葬儀や火葬を行い、ペットの為の霊園に埋葬したりもします。
そして、いつまでも側で感じられるように、遺影写真を置いたり
小さな仏壇を用意したりして供養を行う人もいます。

そんなペットの遺影写真ですが、
人間のそれとは違い、とてもかわいらしく、デザインも多種多様です。
人間の遺影写真と言えば、修正したとしても、
きちんと前を向いて真顔か微笑んでいる程度の写真がほとんどです。
しかし、ペットの遺影写真は、人間の様にかしこまったものではなく、
遺族である飼い主にとって一番かわいいと感じ、
一番思い出深い一枚を遺影写真として奇麗に修正し、
フレームもいわゆる額縁と言う様な四角いものだけでなく、丸だったり
素材がクリスタルだったり形は様々です。
骨壺に直接遺影写真をプリントするケースや、遺影写真ではなく
ぬいぐるみとしてその姿を残すケースもある様です。

遺影写真をかわいく修正するだけでなく、
素敵なフレームでおめかしして、愛情たっぷりの供養をなさって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA