修正された遺影写真と通夜振る舞いで懐かしむ故人の思い出

修正された遺影写真と通夜振る舞いで懐かしむ故人の思い出

通夜の後に親族や参列者などに
食事やお酒が振る舞われる
通夜振る舞いと言うものがあります。

故人を偲び、思い出話をして
悲しみを慰める場とも言える通夜振る舞いは、
親族だけ、または参列者にも振る舞ったりと
地域によって様式は様々で、
これが正解という決まった形はありません。

その為、通夜に参列したのち、
通夜振る舞いに参加するべきかどうかは、
地域のルールに従うのが良いですが、
故人との関係が深かったり
親族から参加を促されたりした場合は、
たとえ少しの時間であっても
席に着き、出された料理に箸をつける
それがマナーと言えます。
そして、何より故人の供養にもなります。

一昔前は自宅で通夜や葬儀を行う事が多く、
その頃は、遺族や近い親戚、
そして近所の女性陣が自宅に集まり、
総出で通夜振る舞いの準備をしたものです。
部屋や台所を開放したり
座布団やテーブル、食器を準備したり
遺族にとっては負担も大きかったのですが、
今では、葬儀会場を利用する人が増え、
葬儀社が仕出しの手配をしてくれたり
場所も自宅ではなく葬儀会場で行ったりする為、
遺族の負担はかなり減りました。

子供の頃、祖父母などの葬儀で
通夜振る舞いを目にした事がある人の中には、
人が亡くなったのに、
何故、賑やかに食事や酒が飲めるのかと
やりきれない気持ちになった事がある人も
少なくないはずです。
しかし、故人を偲び、思い出話をし、
賑やかな声で、故人との最期の夜を共に過ごす
通夜振る舞いはそんな大切な場である事に、
年を重ねるごとに気が付く事でしょう。

そんな通夜振る舞いの場に、
素敵に修正された遺影写真があれば、
故人との思い出話は尽きない事でしょう。
素敵な笑顔で修正された遺影写真
故人らしい背景と共に修正された遺影写真、
そんな遺影写真を囲んで、
語りつくせない思い出話と共に、
故人を送り出して上げられれば、
それはとても素晴らしい時間になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA