増える無宗教、変わる宗教感、遺影写真の修正は変わらず奇麗に

増える無宗教、変わる宗教感、遺影写真の修正は変わらず奇麗に

信仰の自由のある日本では、
お仏壇があるから拝む、
お墓があるからお盆やお彼岸に参る、
と言う程度で、
お葬式や法事などが無い限り、
自分の宗教を意識して生活している人は
少ない様に感じます。
何より、自分の宗派が何か分からない、
という人も居るのではないでしょうか。

最近、この様な、
自分が何宗なのか分からない
と言う人だけでなく、
宗教自体に意味が見いだせない、
宗教の形に縛られたくない、
と思う人が増えた事で、
特定の宗教を信仰したり
関心を持ったりしない、
いわゆる、「無宗教」と
考える人が増えている様です。

中には、実家に先祖代々のお墓があり、
代々お世話になっているお寺があっても、
一個人である自分はそれと関係なく、
宗教にとらわれたくない、
自分は無宗教なのだ、
と考える人も居る様です。

核家族化や親戚縁者との関係の希薄、
宗教感の変化から、
今後も増えるであろう、
無宗教の人向けに、
宗教様式に縛られず、
故人や遺族の思いを反映させた
「無宗教葬」と呼ばれる、
自由な形のお葬式が
注目されてきています。

しかし、無宗教と言いながらも、
一般的な考えとしてベースにある、
故人にきちんと成仏してもらいたい、
と言う仏教的な思いから、
形にとらわれなくとも
きちんと供養したいと思う遺族も
今はまだ、少なくないはずです。

無宗教の葬儀プランを
用意している葬儀社は
今では沢山ある様ですが、
宗派や決まったやり方が無い分、
納得のいく葬儀が出来る様に
葬儀社選びは、
無宗教葬の方が慎重になるかもしれません。

ご自分の葬儀を
無宗教でとお考えの場合は、
どこの葬儀社で、
どのような葬儀にするか、
ご遺族の為にも
事前によくご検討された方が
良いのではないかと思います。

また、無宗教葬には注意点もあります。

代々引き継いできたお墓があるのに
菩提寺のお寺に相談無く
無宗教葬を行った場合、
葬儀や告別式をしない、
直葬や火葬式同様に、
菩提寺から納骨を拒否される事もある様です。
やはり、その宗派のやり方で供養せず、
戒名も無い状態で受け入れは出来ない、
と言う事なのではないでしょうか。
事前の確認がとても大事ですね。

しかし、今現在は、
先祖代々のお墓や、菩提寺のある人は、
まだまだ、一般的な仏式で
葬儀を行う事の方が多い様です。

無宗教葬を行った場合、
遺族にとっては、
葬儀そのものよりも、
その後の事で悩む事が多い様です。

例えば、喪中葉書はいるのか?
法要はどんなタイミングでどうしたらいいのか?
戒名が無いが位牌はどうしたらいいのか?
など。

無宗教と言うのは、
何もやらないと言う事ではなく、
何か一つに縛られない事、
と考える方が分かりやすいかもしれません。
ですので、
喪に服す意味だけでなく、
故人の逝去を知らせる為の手段として
喪中葉書を出すのも良いですし、
法要をしたいと思うなら、
一般的に習慣として存在する
四十九日や一周忌などのタイミングを
柔軟に取り入れるのも良いと思います。

位牌は作らないという考えもありますが、
故人を思い、手を合わせる物が欲しい
と言う思いから、
位牌を作る遺族の方もいます。
実は位牌には、
戒名が無い場合に、
生前の故人の名前を
そのまま入れて作る事もできます。
そのような位牌は、
属名位牌と呼ばれます。

位牌を作らない場合は、
遺影写真として修正された
故人の写真に
手を合わせる人も居る様です。

宗教を信仰していても、
していなくても、
遺影写真は素敵に修正したいですよね。
たった一枚かもしれないけれど、
遺影写真は、遺族の事を
いつも側で見守っていてくれる
特別な存在です。
プロの技術で、
故人との思い出が甦るような
そんな一枚に修正してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA