故人が写真嫌いで遺影写真に修正できるが素材が無い場合

故人が写真嫌いで遺影写真に修正できるが素材が無い場合

近年、終活の一環として、
遺影写真を生前から用意している人も増えてきました。
家族が亡くなった際に、遺影写真の選定は、
とても手間と時間のかかる大変な作業の一つでもあります。
遺影写真に使う写真を生前に準備しておく事は、
とても簡単な事ですが、
残された遺族にとっては、とてもありがたい事です。

事前に遺影写真用の写真が無くとも、
写真を撮る機会の多い方であれば、
普段のスナップから修正して遺影写真を作る事は簡単にできます。
ですので、選定にそれほど困らないかもしれません。
一番大変なのは、
写真を撮る機会の無かった人、または、
写真が嫌いで全く写真の無い人です。

いくら写真を撮る機会が無く、写真が嫌いだったとしても、
ほとんどの人は、結婚式の親族写真や免許証の写真などが
見つかるかもしれません。
それが何年も前の古い写真だったとしても、
どちらの写真も、きちんと前を向いて写っている写真のはずですので、
その写真を遺影写真に修正して使う事ができます。

もしも、そのような写真も無く、
遺影写真に修正できるような写真が、
本当に一枚も見つからない場合はどうしたらよいのでしょう。
その場合は、肖像画という選択肢もあります。
今現在、遺影写真を飾る事が当たり前になっていますが、
昔、カメラの無い時代は遺影写真が無いのは当たり前でした。
そう思えば、必ず写真を飾らなければいけないわけではありません。

それでも、遺族としては、
故人の顔をいつまでも見たいという思いから、
何とか遺影写真を飾りたいと考えるかもしれません。
もし家族に、写真が嫌い、と言う方がいる時は、
家族の集合写真でも良いので、
どんな形でも、無理にでも、
一枚写真を撮っておくと良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA