散骨とは。場所にとらわれない供養、遺影写真の修正で残す思い

散骨とは。場所にとらわれない供養、遺影写真の修正で残す思い

散骨とは、
お墓以外の場所に、粉状に加工した骨を撒き
供養する事です。
海や山、空など、自然の中に撒く為、
自然葬とも言われます。

散骨にはしっかりとした法律はありません。
しかし、遺骨をそのまま撒くことは、
遺棄に当たり、
また、第三者が発見した時に、
事件と勘違いして警察へ通報するなど
問題もある為、
通常、遺骨を粉状に加工してから散骨します。

また、散骨する場所の決まりも特にありません。
しかし、海や空で散骨する場合に比べ、
陸地に散骨する場合は、
場所によってトラブルにもなる為
注意が必要です。

お墓に納骨し、一部を思い出の場所や
憧れの場所に散骨する場合は
撒く骨の量も少量ですが、
お墓を持たない為に散骨をする場合、
相当な量を撒くことになります。
その為、周辺の環境に配慮し、
節度のある散骨が求められます。
過去、実際に、
周辺住民とトラブルになったケースもあります。
もちろん、人の土地に勝手に
散骨することはできません。

散骨においてなにより重要なのは、
この、「節度を持って」の部分です。
分からない場合や不安な時は、
専門業者や市役所へ
確認してみるのもいいでしょう。
故人の希望した場所に
散骨できないという事が無いように、
散骨を希望する人は、
生前に調べておく方が良いかもしれません。

散骨の専門業者には、
粉骨のみ行ってくれる業者や
散骨だけ行ってくれる業者もあります。

散骨を選ぶ人には、
高いお金を出してお墓を購入したくない、
子や孫にお墓の面倒で世話を掛けたくない
と思う方が多い様です。

・散骨のメリット
 粉骨、散骨費用が掛かっても、お墓を購入するより安い
 継承者や管理が要らない
 子や孫を、墓守として土地に縛らずに済む

・散骨のデメリット
 家族や親せきの理解を得ることが大変な場合も
 お墓参りができない
 後々、お墓を持とうと思った時に返骨できない
 ※その為、手元供養や分骨などで一部残す人も多いです 

中には、故人の思い出の場所に散骨する為に
遺族が懐かしい話をしながら旅行するなど
散骨自体が遺族の慰めになる事もあるようです。

近年、無宗教やお墓を持ちたくない
などの理由から、
散骨などの自然葬が増えてきています。
これまで、
実施する人の節度に任せていた散骨も、
件数が増えれば、
問題や混乱が生じるかもしれません。
そうなると、
法律で縛られるようになり、
遺族に手間を掛けたくない、
死後は大自然に還りたい、
などの故人の思いを
叶える事が出来なくなるかもしれません。

散骨をされる多くの方は
供養の為に、
故人の遺灰を少しだけ
残している場合が多い様です。
故人らしく修正された遺影写真の横に、
そっと並べておけば、
お墓が無くても、
いつでも供養が出来ますよね。

修正した素敵な遺影写真は、
ご遺族をきっと近くで見守ってくれます。
お墓が無いという事は、
決して寂しい事ではなく、
遺族を思う故人の優しさだと思い、
その思いを感じながら、
遺影写真用の一枚を選んでみては如何でしょうか。
普段のスナップでも、
プロが奇麗な遺影写真に修正してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA