最近の遺影写真は笑顔!?~どんな写真をどのように修正するか

最近の遺影写真は笑顔!?~どんな写真をどのように修正するか

少し前の遺影写真は、まじめな顔をした写真を選び、正式な喪服に着せ替え、背景はグレー一色に修正するというのが一般的でした。
証明写真を引き伸ばしただけ、または先代の遺影写真をそっくりマネしたのではないかと思われるような修正がされていたのです。

最近は、遺影写真でも個性が重視されるようになり、「その人らしさ」を生かす修正が行われています。
笑顔の写真を選び、服装は変えず、背景は明るい色やきれいな景色などに変更するのが好まれています。
笑顔は遺影写真としてはマナー違反とされていましたが、故人をしのぶのに向いているため、最近ではすっかり許容され、歯が見えるほど笑っている写真を使うケースも見られるほどになりました。

そんな傾向を受け、自宅にある昔ながらの遺影写真を、笑顔のものに交換する方が増えています。
まじめな顔をした遺影写真は、葬儀の場にはふさわしかったけど、毎日話しかける写真は笑顔の方が良いですよね。
法事で親族が集まるとき、笑顔の遺影写真を囲めば、思い出話に花が咲き良い供養になるでしょう。

そうは言っても、遺影写真は高いから…と迷っている方は、一度専門業者による遺影写真の修正を検討してみてはいかがでしょうか。
葬儀社に依頼した時の料金を覚えていれば、かなり安いことを実感して頂けると思います。

遺影写真の歴史は、まだ始まったばかりで、これからも変化していくかもしれませんが、葬儀のときに必要で、その後も長く人の目に触れるものであることは変わらないでしょう。
時代により表情のスタンダードも移り変わるでしょうが、今流行の「笑顔の遺影写真」は、飾ってみると本当にステキですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA