直葬とは。新しい葬儀の形と遺影写真の修正で残す思い

直葬とは。新しい葬儀の形と遺影写真の修正で残す思い

今、増えている葬儀の形に
直葬(ちょくそう)というものがあります。
直葬とは、通夜や告別式をせずに
遺体を火葬するやり方で、
火葬式とも呼ばれます。

葬儀にかかる全ての事、
例えば、葬祭場の使用、祭壇の装飾、
お経をあげるお寺への支払い
などを省ける分、
その費用は、一般的な葬儀に比べて
おおよそ10分の1程度と安く、
これまでは、経済的な理由から、
直葬を選ぶ方が多くみられました。

現在この直葬が増えてきている事には、
もちろん経済的な理由もありますが、
宗教感の変化から、葬儀に意味を見出せない方、
孤立した生活や長寿の為参列者が少ない方、
遺族が多忙で通夜、告別式の時間の取れない方、
など、現代社会を反映した
様々な事情が伺えます。

葬儀のわずらわしさが避けられる直葬ですが、
いくつか注意点もあります。

葬儀をしないという事は、
後日、自宅に弔問客が来る可能性もありますので、
念の為、香典返しを準備しておいた方が
良い場合もあります。

直葬や火葬式は、葬儀ではないという考えから
自治体や国から貰える葬祭費と呼ばれる補助が
出ないケースもあります。

菩提寺があるのに、
相談も無しに直葬にした場合、
お寺から納骨を拒否されるケースも。
菩提寺がある場合は事前の相談が大事です。

実は遺体は死後24時間経過しないと
法律上、火葬することができません。
その為、病院などで亡くなった場合は
一旦自宅に連れて帰るか、
どこかで遺体安置をする必要があります。
小さな病院だと、
霊安室の設備が無い所もありますし、
火葬場でも、
夜間の遺体安置は出来ない所もあります。
最近では、ご遺体と一晩過ごせる
ホテルの様な施設もあります。
故人が生前から直葬を希望している場合は、
亡くなった後の遺体安置所を
事前に調べておく方が良いでしょう。

自宅や故人と一緒に過ごせる施設に
ご遺体を安置できる場合は、
葬儀が無い分、
ゆっくりと故人とのお別れができるのも
直葬が選ばれている理由でもあります。

そんな場面に飾る遺影写真は、
生前の故人を思わせる、
素敵に修正された遺影写真であって欲しいですよね。
遺影写真はご遺族を近くで見守る大切な存在です。
笑顔の写真でも、
どんな服装の写真でも、
さりげない日常のスナップから、
プロが奇麗な遺影写真に修正してくれますので、
葬儀のわずらわしさが無い分、
その時間を、遺影写真選びや
修正する時間に使うのもいいですよね。
思い出の写真を見ながら、
故人を偲ぶ素敵な時間が持てるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA