遺影写真で後悔した事、後悔しない為の遺影写真の修正

遺影写真で後悔した事、後悔しない為の遺影写真の修正

長寿で大往生をしても、病気で長く療養していても、
事故にあったとしても、死は突然やって来ます。
大切な、愛する家族の突然の死に、悲しみに暮れていても、
葬儀の準備は決めることや、やることが多く、忙しいものです。
そんな葬儀の準備のひとつに、遺影写真の選定があります。

故人が長生きされた方の場合、
生前に遺影用の写真を修正して作成していたり、
使いたい写真をすでに用意していたりすることもありますが、
若くして亡くなった場合などは、
そのような写真を準備していることはほとんど無いと思います。

遺影写真は葬儀の時に祭壇に飾り、
参列者が最後のお別れに故人の顔を目にする
とても重要な写真であると同時に、
葬儀の後も、遺族の方にとって
故人を思い出すための大切な存在でもあります。
毎日話しかけ、故人との素敵な思い出が甦る様な
そんな遺影写真に修正し作成できればいいのですが、
故人の写真がほとんど残されていない場合など、
忙しい葬儀の準備の中で、とにかく一枚選ばなければと、
急いで選んでしまった為に、
その仕上がりを後悔される方もいると思います。

今では、笑顔の写真や、背景や服装も明るいものだったり
好きだった場所や物と写っている写真を
遺影写真として修正する人も多くいます。
選ぶ写真と時間が無いからと、
免許証の写真を遺影写真に使った為に、
もっと故人らしい素敵な遺影写真にしたかったと
後悔される方もいるかもしれません。
そんな時は、葬儀の後でも遺影写真を修正することができます。
背景の色や、服装、肌の色など、
奇麗に修正し、額縁も白黒ばかりでなく、
薄紫や薄ピンクなど、温かみのある額縁を選ぶ事も出来ます。
葬儀に使った遺影写真を使い続けないといけないわけではありませんので、
もし、写真の出来に後悔されている場合は、
一度、遺影写真の修正を検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA