遺影写真で思い出をより美しく!ここまで修正可能~理想の姿に

遺影写真で思い出をより美しく!ここまで修正可能~理想の姿に

遺影写真は、全身像ではなく、肩から上のアップになります。
4つ切りサイズなら、実物に近い大きさになるので、ちょっとした首のたるみなどが意外と目立ちます。
実際、遺影写真を見て「この方はもっと若くて細身だと思っていたのに…」という違和感を感じたこともあるのではないでしょうか。

そのような遺影写真も、修正技術により、故人とのギャップを感じさせないものに生まれ変わらせることができます。
例えば、首のたるみや二重あごを修正すれば、かなりスリムな印象になります。

ご希望により、さらに修正を加えて、より理想的な遺影写真にすることも可能です。
少しきつそうなスーツを着ていたり、いかり肩になってしまったりしているケースは、すっきりとした着こなしの礼服に着替えて、肩の位置を調整するといった修正も可能です。

首が傾いていればまっすぐに、顔の位置が中心からずれていれば中央に、という修正もOK!
さらには、乱れたヘアースタイルを整えたり、髪の毛の量を増やしたり…
生前気にされていた部分を少しカバーする、という方向なら、故人もきっと喜んで下さることでしょう。

このように、ご希望に合わせて多彩な修正できますが、あくまでもご本人らしさを失わない範囲で美しくすることが基本です。修正により、遺影としての品格を備えた理想の姿に近づけるとお考えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA