遺影写真には何年前まで若い写真を修正して使えるのか

遺影写真には何年前まで若い写真を修正して使えるのか

通常、亡くなった時に近い年齢の写真を
遺影写真として修正して使いますが、
最近では、若い頃の写真を遺影写真に使う、
または、使いたいと考えている高齢者の方もいらっしゃいます。

遺影写真に年齢制限はなく、
宗教や各家庭の仕来りなど特別な事が無い限り、
80代で亡くなった方の遺影写真を
20代の頃の写真から修正して作成する事も可能です。
実際に、参列した葬儀で、誰の葬儀か分からないほど
若い頃の写真が遺影写真として使われていたという話もあります。
故人の近年の様子しか知らない
遺族や参列者の方は驚くかもしれませんが、
古い友人や近い親族の方にとっては、
故人の一番輝いていた頃のその姿に
懐かしさを感じ、たくさんの思い出が甦る事でしょう。
芸能人の告別式などで、全盛期の若かりし頃の写真が使われているのを
見たことがある方も多いと思います。

故人の元気だった頃の写真を遺影写真にしたい、
素敵な遺影写真に修正してあげたい、
けれども、あまりに若すぎる写真はどうなのか、
と遺影写真を選ぶ際に悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、
どうか、故人の事を思い出すにふさわしい一枚を、
何年前というこだわりを持たずに選んで頂ければと思います。
何年前の写真でも、今は修正技術も進歩し、
奇麗な遺影写真として修正することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA