遺影写真の修正 喪中はがきに遺影写真はあり?なし?

遺影写真の修正 喪中はがきに遺影写真はあり?なし?

年末にちらほらと届く喪中葉書ですが、
一般的には、簡素なデザイン(背景)に
小さな文字で挨拶文が記載されているだけの、
悲しみを表現したようなシンプルな葉書が通常です。

見たことがある人は少ないかもしれませんが、
喪中葉書に故人の遺影写真などの写真を
挨拶文と共に修正して載せる事ができます。
写真プリントで、
そういったデザインの喪中葉書を
作成する業者もあります。
喪中葉書に載せる遺影写真は、
淡い色合いに修正して載せる事が出来るそうです。

写真を載せる人の思いとしては、
故人はこんなに笑顔の素敵な人だった、
という事を見て欲しいという思いや、
故人が大往生であった場合に、
こんなに長生きした、という証で、
亡くなる前の写真を修正して載せるなど、
その理由は様々です。
どちらにしても、
こんな素敵な家族を私たちは失ったのです、
という事を、人と共有したいという思いの
表れなのかもしれません。

しかし、この遺影写真入りの喪中葉書が
あまり普及していない背景には、
受け取る側の思いが大きいと思います。
ただでさえ、写真付きの葉書は処分に困るのに、
会ったことも無い差出人の親族の、
しかも遺影写真が載っていては、
処分にも困る上に、保管もしたくなく
取扱いに非常に困る、
と思うのは仕方がない事の様に思えます。

終活や生前遺影写真も
縁起が悪いなどと言われていた頃もありましたが、
今では、当たり前の光景になっています。
遺影写真付きの喪中葉書も、
差し出す側と受け取る側のニーズによっては、
今後、新しい形に進化していくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA