遺影写真の修正 祭壇で故人を映し出すモニター遺影写真

遺影写真の修正 祭壇で故人を映し出すモニター遺影写真

お葬式と言えば、
故人の遺影写真が飾られた祭壇を
思い浮かべるかもしれません。

今では、その遺影写真も、
すっかりカラー写真が当たり前になり、
生前の故人の人柄を表すように、
普段の姿の写真から修正して作る遺影写真や、
奇麗な姿を残したいと、
故人自ら希望した写真になるように、
生前に撮影や修正作業を済ませるなど、
個性豊かな遺影写真が増えてきています。

ところが最近、
祭壇に、いわゆる一般的な
静止画の遺影写真ではなく、
スライドショーで写真が変わる
モニターの遺影写真
と言うものが出てきている様です。
対応している葬儀社では、
小さな葬儀から大きな葬儀まで対応できる様に、
大小各種のモニターサイズを
用意しているようです。

故人の人物像はそのままに、
その背景だけを変えたり、
正面、横顔、全身など
故人の様々な姿を映し出したり、
その映像処理の方法は様々です。
どうしても遺影写真を一枚に決められない、
と言う方にも良いかもしれませんね。

これまでも、葬儀場のエントランスなどで
故人の思い出の写真を
スライドショーとして流す演出は
見たことがある人も多いかもしれませんが、
これからは、
故人の様々な表情を
スライドショー用に修正して
奇麗に作成した遺影写真の映像を
祭壇で見る事が増えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA