遺影写真の修正、遺影写真お預かりサービスの利用について

遺影写真の修正、遺影写真お預かりサービスの利用について

遺影写真を生前に用意している人の中には、
家族にその写真の存在を伝えている人もいれば、
様々な理由から、
生前遺影の存在を伝えていない人もいます。
もし故人の死後、家族が写真を見つけてくれなかったら、
せっかく用意した遺影写真がもったいないですよね。

そんな場合に役に立つのが、
遺影写真のお預かりサービスです。
事前に第三者へ遺影写真の候補の写真を預け、
葬儀の際に、預けた写真をそのまま、
もしくは遺影写真に修正して作成し、
遺族の手に渡るというサービスです。

預かりサービスを行う企業によって
遺族に写真を預かっている事を知らせる方法は様々ですが、
次のような方法で、遺族に遺影写真の存在が伝わるように
工夫している所が多い様です。
・写真の預かりと引き換えに、預かり証の様なものを発行し、
故人の身近に置くことで遺族の目に留まりやすくする
・数多くの葬儀会社と提携し、故人の葬儀の予定が入った際に、
 預かりサービスの一覧と照合し、遺族に連絡する
などです。

インターネット上で遺影写真候補を預かる企業では、
基本的に写真の預かりは無料で、遺影写真に修正してお渡しする時などに
費用が発生するケースが多い様です。
インターネット上であれば、複数枚預ける事も、
写真を撮り直した際に差し替える事も、簡単に何度でもできます。
インターネット環境が無い、操作が出来ない、と言う場合は、
原本を送付して預ける事も出来ます。(有料の場合有り)

可能な人は、子や孫にインターネットへの登録を手伝ってもらう事で
どんな風に遺影写真を修正して欲しいか希望を伝えたり
自分のこれまでの人生を話したり
思い出を語り合ったりする
良い時間を持つきっかけになるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA