遺影写真の修正の他にも、残してくれて遺族が嬉しいもの

遺影写真の修正の他にも、残してくれて遺族が嬉しいもの

大切な家族の死で、
悲しみに暮れる遺族にとって、
残された遺影写真や、思い出の写真は、
何よりの慰めになります。
葬儀の際には、遺影写真用の写真を、
思い出話をしながらじっくり選定をし、
少しでも良いものにと、修正もします。
遺影写真用に撮影し修正された写真も素敵ですが、
普段のスナップ写真から修正して仕上がった遺影写真は、
遺族目線の故人らしさの感じられる、
そんな遺影写真になるかもしれません。

それでも、葬儀から少しすると、
故人の声をもう一度聞きたい、
と思う事もあるでしょうし、
何年か経った時には、
どんな声だったか思い出せなくなってきている事に、
悲しく寂しい気持ちになるかもしれません。

写真以上に遺族にとって嬉しいもの、
それは、故人の「声」かもしれません。
もちろん、映像付きのメッセージなら
更に嬉しいですが、
ビデオメッセージが恥ずかしければ、
音声だけでも良いと思います。
どんなに短いメッセージでも構わないので、
本人の「声」を、遺族は懐かしいと思うものです。

今では、スマートフォンやデジタルカメラでも
簡単に動画や音声を残せる時代です。
かしこまらずに、ただ一言、
「ありがとう」の気持ちを、
残してみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA