遺影写真の修正をメモリアルフォトとして前向きに捉える考え方

遺影写真の修正をメモリアルフォトとして前向きに捉える考え方

数年前から終活という言葉を耳にするようになりました。
当初は、遺産相続や身辺の整理など、
どことなく、まじめで重たい雰囲気を感じましたが、
今では多くの高齢者の方が、
自分の人生の素敵な最期を迎える為の準備として、
前向きな終活に取り組んでいるように思えます。
終活の内容も、相続問題など手続きに関わるものばかりでなく、
遺影写真を生前に撮影したり
自分の人生を自分史としてまとめたりと
その内容は様々です。

特に、多くの方が手軽に簡単に取り組まれているのが、
遺影写真の撮影ではないでしょうか。
生きているうちに、遺影写真を準備するなんて、
と、生前遺影を縁起が悪いとして嫌う方もいるかもしれません。
本人だけでなく、家族が嫌がる場合もあるかもしれません。

遺影写真の選定や修正の作業は、
葬儀の準備の中でとても大変な作業の一つです。
残される家族の為にも、遺影写真を事前に修正までして準備したい
という思いは、家族への優しさではないでしょうか。

遺影写真から死というマイナスのイメージを連想しがちですが、
自分の歴史や思いを残すメモリアルフォトとして捉えることで、
生前に遺影写真を撮影し、修正することの意味は
とても前向きなものになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA