遺影写真は幸せの証 修正してもっと素敵に自分らしく

遺影写真は幸せの証 修正してもっと素敵に自分らしく

遺影写真と言えば、
写真の選定や修正の手配など、
葬儀で準備の大変なものの一つです。
生前に遺影写真用の写真を撮影し、
修正から作成まで済ませている人も
終活の一環で増えてきています。

何故、葬儀で遺影写真の準備が大変なのか。
何故、生前に修正してまで遺影写真を作成するのか。

それもこれも、
故人や家族を思う気持ちからです。

極端な話、
カメラの無い時代に遺影写真はありませんでした。
ですので、
葬儀の際に丁度良い写真が見つからなければ、
遺影写真が無いままでも葬儀はできます。
それでも、大変な思いをしてでも
写真を選定し、修正して奇麗に作りたいと思うのは、
ひとえに、遺族が故人を大切に思うが故の事です。

生前に遺影写真を準備したいと思う人は、
葬儀の際に家族に大変な思いをさせたくない、
と言う思いもあるでしょうし、
自分らしい写真を残したいという気持ちもあるでしょうが、
残された家族を見守っていく、という思いを込めて
撮影をしている人もいる事でしょう。

どちらにしても、
遺影写真が必要という事は、
供養してくれる人や子孫がいるという事です。
当たり前の様に準備している遺影写真ですが、
実はその存在自体が、幸せの証なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA