遺影写真を飾らないで欲しいという人へ、修正と言う提案

遺影写真を飾らないで欲しいという人へ、修正と言う提案

故人の中には、生前から、
葬儀を終えたら、その後はお仏壇に自分の遺影写真を飾らないで欲しい
と希望する人もいます。その理由は様々ですが、
例えば、ご高齢で亡くなった場合に、
年老いた自分の姿をいつまでも飾って欲しくない、
と言う気持ちから、遺影写真を飾る事を嫌がる人もいる様です。
もし、故人が生前に、事前に遺影写真用の写真を撮影できる事や
遺影写真の修正が出来る事を知っていたらどうだったでしょう。
恐らく、年老いた姿をいつまでも飾って欲しくないと考える方は、
自分の容姿を気に掛ける、お洒落な方と想像ができます。
事前に、お気に入りの服で身だしなみを整えて、遺影写真の撮影をしていたら、
もしくは、すでに手元にあるご自分の写真から、
修正の技術によって、肌の色や顔のシワ、髪の量、服装まで
修正しお直しできることが分かっていたら、
この遺影写真を飾って欲しい、と、逆に希望を伝えてくれたかもしれません。
遺影写真を、故人から飾らないで欲しいと言われては悲しいですよね。
遺影写真は、残された遺族がその写真を見る度に故人を思い出す大切なツールです。
そしてその写真は、遺族の側からしても、故人との素敵な思い出が甦る様な
そんな写真であって欲しいと思うものです。
これからを生きる遺族にとって、遺影写真はとても大切で必要なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA